2008年05月24日

怒りの検査結果

今朝10時にピッピをあずけ、16時にお迎えでした。

預けるときも不安いっぱいでピッピとお別れ。

何か異常があった時と、検査が終わった時に連絡してくれるように言って帰りました。

待ってる間は不安になって落ち着かないので、実家に帰って実家のワンコ2匹のシャンプーしたりして時間をつぶしてました。



16時頃病院に着くように家を出発し、ピッピをお迎えに。

病院からは一向に連絡が無かったので、病院に着く頃「終わりましたか?」と電話を入れました。

すると、担当医が電話口で…「残念ながら…」と、

何?何かあったの?めちゃくちゃ不安になり話しを聞くと…

「残念ながら陰部が小さすぎて管が入らなかったので検査できませんでした。」と…

は?

まず、検査ができなかった事は理解したんです。

でも、「なら早く連絡しろ!」と言いたかったですね。

とりあえず病院にすぐ着くのでその時に…と言って電話を切りました。

病院に着くまで色々考えちゃいましたよ。
小さい陰部に無理やり管を入れようとして出血したんじゃないか?とか
不安で泣きわめいてるんじゃないか?とか
お腹すかせてヘロヘロになってるんじゃないか?とか

病院に着くと担当医が忙しかったらしく、一向に順番がきません。

その間、奥の部屋でピッピがキャーキャー鳴いてるのが聞こえてきました。

もう我慢の限界で、「順番まだですか?うちの子が奥でキャーキャー言っててかわいそうなので先に返してくださいむかっ(怒り)」とキレました。

ピッピが耳を下げて、「怖かったよ〜犬(泣)」とでも言っているかのように私の胸に飛び込んできました。

ピッピが無事に帰ってきてホッとしていると、担当医が待合室にやってきて…

診察室に呼ばれるのかと思ったら、待合室で「申し訳ないんだけど、そういう事で出来なかったんですよ」と話し始めましたよ。

色々聞きたいのに、待合室だし…忙しさアピールしてるし…。失礼なヤツだなぁ。

とりあえず、今後どうすればいいかを聞くと
「詳しく知りたかったら開腹してみるしかない」とのこと。

でも死ぬ病気ではないので、様子をみてもいいと…。

結果的に、陰部の先天的な奇形で埋まってるところにばい菌が入りやすいのと、もしかしたら膀胱と腸の癒着で膀胱炎を繰り返してるから分泌液がでる。

いつも陰部を清潔にしてあげて下さいとのこと。

また、よくわかんない結果。

検査のとき出血はいっぱいしましたか?と聞くと、
「いや、陰部が小さすぎるのでやってないんですよ。」

は〜〜?って感じですよ。

陰部が小さいのは何ヶ月も前から知ってんだろ!ですよ。

試してもないと…。何のために片道1時間近くかけてきたんだろ…。
2往復ですよ。

ピッピなんか朝から何にも食べてないから、こんなにお腹がへっこんだじゃないか!下
んっ!丁度良くなったか?いやいや、

5.24-7

ストレスでやつれた顔してるし。

今日の検査、ずーっと不安だったのに…。

見た目で出来ないと判断するのは、通院してるときでしょ。

出来ないとわかった時点で連絡を入れろ!ですよ。

もう色々頭きちゃって…何にも言えなかったけど…
私が生まれ変わったら思う存分言ってやるから覚えてろ。

女1人だから馬鹿にされたのかも。
きっと私の母とか姉が一緒だったらちゃんと診察室に呼ばれて説明されたのかもな。

担当医はさっさとその場を去って行きました。お忙しそうに。

もう二度と行きたくないですね。犬にも飼い主にも優しくない病院でしたよ。

結構、最新医療で評判の良い病院でしたが私とピッピには合いませんでした。

分泌液の量が増えたりしたら、また来てください!だそうです。

行きません。

何にも解決せず…。

無駄足でした。

何処の病院信じたらいいのかさっぱり分かりませんね。


今の時点では、先天的なものとしてしばらくこの症状と付き合っていきたいと思ってます。



長々と読んでくれた方、ありがとうございました。

怒りの内容ですいません。書いてちょっとすっきりです。

今度はもっとハッピーな内容でお届けします。


P「今日は疲れたわ。」

5.24-6


ポチットね犬(泣)
  ↓
にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ

ニックネーム ピッピ&ロッタママ at 22:23| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

我慢。

本日膀胱鏡検査のため、ピッピは朝食抜きです…。

朝から何とかしてご飯をもらおうとして頑張ってますが、あげられませんもうやだ〜(悲しい顔)

ご飯が命のピッピにご飯をあげられないのはとっても辛いです。


P「ご飯ちょうだい。」

5.24-2
あげたくなる。


P「ご飯〜。」

5.24-4
我慢しようね。


P「メシ。」

5.24-3
あげたい〜。
けど、我慢。
私も何にも食べないで我慢するから。
一緒に腹ペコだ!


P「我慢するかな。」

5.24-5
帰ってきたら美味しいのあげるからね。


P「これで我慢するか…。」

5.24-1
おもちゃ噛んで我慢してます。


検査頑張ってきます。




ポチットね犬(足)
  ↓
にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ
ニックネーム ピッピ&ロッタママ at 08:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

病気?

P「ピッピだよ〜揺れるハート

5.23-1


明日は恐怖の病院。

目的は膀胱鏡検査。

昨年の11月に避妊手術をしたにもかかわらず、陰部から膿のような分泌液が頻繁に出るんです。

はじめにかかった病院では、抗生物質を飲んで様子を見たんですが原因はいまいち分からず…

セカンドオピニオンに頼ってみることにしたのです。

そこの病院を受診し、考えられるのは…
1、膀胱炎。
2、外陰部が中に入ってしまっていて(包茎みたいなもの、女の子ですが…)汚れが溜まり、ばい菌が繁殖して膿がでる。
3、2の汚れを自分で舐めてしまい刺激が加わり分泌液が出る。
4、避妊手術をしてもまれに子宮蓄膿症になる。
5、避妊手術のときに使った糸が原因で炎症を起こしている。
6、膀胱と大腸が癒着していて、膀胱炎を繰り返して分泌液が出る。

様々な原因が考えられたので、消去法で原因を突き止める事になったんです。

尿検査と採血は異常なし。分泌液はやっぱり炎症性のものだそう。
汚れを自分で舐めて…はビタアップル(舐めるとすごく苦いヤツ)を処方されて陰部に毎日吹きかけましたがあんまり効果も無く、分泌液は出てきました。

6の膀胱と大腸の癒着はそこの医院長先生が過去に一回だけそういう患者を受け持ったことがあるそうで、ピッピの症状ととても似ているらしいんです。
その子も陰部が中に入っていたそうです。

それを突き止める為に明日は膀胱鏡検査をすることになりました。

もしその病気だったら、手術といわれました。

手術しないとどうなるか聞きましたが、膀胱炎を一生繰り返すそうです。

どれをとっても嫌な結果。

明日の事を考えると不安で仕方ありません。

ピッピはいたって元気ですが、長い目で見て早いうちに原因を突き止めたいのです。

でも検査痛いよね…。
でもやらないといけないからね…。

心配でしょうがないよ。

ピッピ頑張ろうね!!




さて、話は変わりますが…
いたって元気なピッピは今日もいっぱいハッスルしました。

リリィ家で一汗かき、そのあと山&川のスペシャルコース。

リリィ家では下

5.23-2

リリィにガウガウ。


5.23-5
5.23-4

落ちてるものを食べるたらーっ(汗)(※汚い家という訳ではありません)
毛玉やらリリィの口から落ちたおやつなど。

犬掃除機と言われてます…。

いや、これはいつもお世話になってる家に対するピッピの優しさです。

うちの子いい子だわ〜。オホホ〜。


川&山は後日アップします。




明日は検査頑張るよ〜。
ポチットね犬(笑)ぴかぴか(新しい)
  ↓
にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ



ニックネーム ピッピ&ロッタママ at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする